「金の果実」シリーズとは貴金属を裏付けとした上場信託(ETF)です。
三菱商事(株)が金・プラチナ・銀・パラジウムを拠出し、三菱UFJ信託銀行がそれらの貴金属現物を裏付けとする受益権(ETF)を発行。東京証券取引所に上場しています。

「金の果実」シリーズとは貴金属を裏付けとした上場信託(ETF)です

金の果実シリーズの残高推移

純資産残高は順調に推移

  • 4商品合計で残高は2018年3月31日現在で736億円へと、7年8ヶ月で上場時の35億円から21倍以上に増加しました
  • “金の果実”だけでも、581億円と上場時の20億円から29倍以上に増加しました
  • “プラチナの果実”は、“金の果実”とのマイナスの価格差が拡大するにつれ、純資産残高が大きく増加しています(3月31日現在で103億円)

金の果実シリーズ残高推移(2010/7/2(上場日)-2018年12月28日)

グラフ

”プラチナの果実”と”金の果実”の価格差と”プラチナの果実”残高の関係
(2010/7/2(上場日)-2018年12月28日)

グラフ

商品概要

銘柄名 純金上場信託
(現物国内保管型)
(金の果実)
純プラチナ上場信託
(現物国内保管型)
(プラチナの果実)
純銀上場信託
(現物国内保管型)
(銀の果実)
純パラジウム上場信託
(現物国内保管型)
(パラジウムの果実)
上場取引所 東京証券取引所
上場日 2010年7月2日
売買単位 1口
決算日 毎年1月20日
収益分配 原則なし
信託委託者 三菱商事株式会社
信託受託者 三菱UFJ信託銀行
カストディアン 三菱商事RtMジャパン株式会社
管理会社 三菱UFJ信託銀行
対象指標

金地金1gの現在価値

(理論価格)

プラチナ地金1gの現在価値

(理論価格)

銀地金100gの現在価値

(理論価格)

パラジウム地金10gの現在価値

(理論価格)

信託財産 金地金
(純度99.99%以上)
プラチナ地金
(純度99.95%以上)
銀地金
(純度99.99%以上)
パラジウム地金
(純度99.95%以上)
信託報酬(税込み)
(2019年3月1日現在)
年0.432% 年0.540%
転換
(交換)
小口 × ×
大口

受賞実績のご紹介

「金の果実」シリーズは国内外での受賞実績があります。

本商品は2011年に「日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経ヴェリタス賞」を受賞、 2012年には海外にて「Best Of the Best Awards 2012」を受賞致しました。国内に上場している金ETF5銘柄の中で、国内外両方で第三者からの受賞経験があるのは、「金の果実」のみです(2013年5月31日現在)。

金の果実

2011年 日経優秀製品・サービス賞で「優秀賞 日経ヴェリタス賞」を受賞しました。

「日経優秀製品・サービス賞」とは、日本経済新聞社が主催し、毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもので、日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタスの4紙に掲載された年間2万点の新商品の中から、特に優れた新製品・新サービスを表彰するものです。
(本ページに掲載されております内容は、日本経済新聞社の承認を得て掲載しております。本内容を無断で転用することはご遠慮ください。)

2011年 日経優秀製品・サービス賞「優秀賞 日経ヴェリタス賞」

「Best Of the Best Awards 2012」にて、「Japan,Best Commodity ETF」を受賞しました。

アジアにおけるETF業界誌、“Asia Asset Management”の「Best Of the Best Awards 2012」を受賞しました。国内のみならず、海外からも、「金の果実」シリーズは評価され、ますます注目されております。
(本ページに掲載されております内容は、Asia Asset managementの承認を得て掲載しております。本内容を無断で転用することはご遠慮ください。)

Best Of the Best Awards 2012「Japan,Best Commodity ETF」