HOME > 各貴金属の基礎知識

各貴金属の基礎知識

専門用語などについて解説しております。

※「東京商品取引所HP 貴金属取引の基礎知識」を参照の上、当社作成。

金

  1. 金の特性
    金の商品としての最大の特徴は、その「希少性」です。
    有史以来、人類が採掘・精製した金の総量を「金の地上在庫」と呼びますが、Gold Fields Mineral Services社(ロンドンに拠点を置く貴金属調査会社で、その貴金属需給に関する各種統計は高い信頼性を得ています、以下GFMS)の調べによれば、2012年末時点での金の地上在庫は約174,000トンと推定されています。
     2007年時点での金の推定埋蔵量は約100,000トン(2009年米国地質学研究所 “Mineral Commodity Summaries”)で、そのうち経済的に生産可能な部分(これを「埋蔵鉱量」といいます)は約52,000トン、同年の年間生産量2,700トンなので可採年数は19年となっています。
  2. 金の需給
    金の主な供給元としては、鉱山における生産による一次供給、スクラップから回収される二次供給、公的機関による売却、鉱山会社による売りヘッジ、そして退蔵放出などが挙げられます。金の2012年の 総供給量は4,477トンでした。
    金の需要は、宝飾品用、工業用、歯科用、メダル・貨幣用などの加工用需要と、有事における備えや投資目的による金の保有といった退蔵用需要とに大別されます。
    GFMSの調べによれば、2012年末時点での金の地上在庫174,000トンの内訳は、宝飾品が49%、公的保有金が17%(貸付分除く)、私的保有金が20%、その他加工品が12%トン、所在不明が2%となっています。
    (上記金の需給統計に関する数値は、ことわりのない限り、GFMSの“Gold Survey 2013”によります。)

PAGE TOP

プラチナ

  1. プラチナの特性
    プラチナの有史以来の生産量は、約4,500トンと非常に少なく、金の約15万トンに比べてもその30分の1以下しか生産されていません。その意味で金以上に希少性の高い貴金属と言えます。
    また、優れた触媒作用や高い融点、化学的に安定しているという特性から、その利用は化学、電子産業、ガラス、石油精製、高温測定などの工業用、さらには医療、環境関連分野にまで及んでおり、21世紀の産業に欠かせない貴金属です。
  2. プラチナの需給
    プラチナの供給の特徴は、まず供給量が金・銀に比べ少ないことが挙げられます。2012年の世界のプラチナ供給量は175トンと、金の供給量約2,861トン、銀の約24,478トンと比較すると小規模です。 またプラチナの供給は、南アフリカ共和国(127トン)とロシア(24トン)の2国で世界全体の約9割を占めており、供給ソースの偏在が著しいものとなっています。
    プラチナの主要な需要は、工業用需要と宝飾品需要です。2012年の工業用需要(自動車触媒の回収 分差し引き後)は149.5トンと、全体の需要の約60%を占めており、これは金の12%と比較し高いことが分かります。このため、プラチナの需要及び価格は世界の景気動向の影響を受けやすいものとなっています。工業用需要の中では、自動車触媒用需要が最大で約67%を占めており、また、宝飾品需要は全体の約35%を占めます。
    (上記プラチナの需給統計に関する数値は、ジョンソン・マッセイ社発行「Platinum2013」またはトムソン・ロイターGFMS社発行の「Platinum & Palladium Survey 2013」によります。)

PAGE TOP

銀

  1. 銀の特性
    銀は主として硫化物鉱床中に存在しており、自然銀・砂銀として産出されることは極めてまれでした。そのため、かつては砂金の形態で産出される金よりも産出量が少なかった時期もあり、その希少性ゆえに20世紀に入るまでは金と並んで主要通貨として使用されていました。また、その白銀色の美しい色合いゆえに、銀は太古の昔から宝飾品の材料としても珍重されてきました。
    しかし、銀の精錬技術の発達と、19世紀に入ってからの大銀山の発見によって、銀の生産量は増加し、有史以来、人類が採掘・精製した銀の総量は100万トン以上に達すると言われており、この数字は金の約16万トンを大幅に上回っております。加えて銀については回収システムも既に整備されており、その供給規模の大きさゆえに銀の希少性はもはや失われたという見方も多くなっております。
  2. 銀の需給
    銀の供給源は、鉱山生産と二次供給が中心的な存在となっています。公的機関による銀の売却もありますが、供給全体に占める割合は金と比較すると小さいものとなっています。鉱山会社による売りヘッジも、比率としてはわずかなものに過ぎません。
    銀の需要は、かつては金と同様に宝飾品や通貨手段として用いられていました。しかし時代が進むにつれ、銀は、その熱や電気の伝導性の高さや加工性の高さから、工業用としての重要な役割を果たすようになっています。現在の銀の需要を大別しますと、写真感光材料としての写真フィルム産業部門、その他の工業部門、宝飾品部門、メダル・貨幣部門の4つに分けられます。

PAGE TOP

パラジウム

  1. パラジウムの特性
    パラジウムは、貴金属の中でも希少性が高く、レアメタル(希少金属)の一種でもあります。自動車触媒、電子機器などの工業用需要、あるいは歯科用材料等として用途が幅広いのですが、技術の発達により実用化が可能となったのは比較的最近のことです。
  2. パラジウムの需給
    パラジウム供給の特徴は、供給ソースが限られていることであり、ロシア(81トン)、南アフリカ共和国(72トン)の2カ国で世界全体の約76%を占めています。
    パラジウムの供給量は、1980年代は約80トンから100トンの間で推移しましたが、1990年代に急速に伸び、1998年には261トンを記録するに至ってます。しかしその後は4年連続して減少し2002年には163トンにまで下落、そして再び上昇傾向に転じましたが、2007年から2009年にかけては、世界的な景気低迷に伴い供給量の減少が続いており、2012年には204トンとなりました。
    パラジウムの需給は、主要生産国であるロシアからの供給(売却)が年によって大きく変わるため、その動向が最大の変動要因となります。需要面では総需要の6割強が先進国での自動車触媒と電子・電気部門に集中しているため、日米欧の景気動向が重要視されます。
    また、パラジウムは白金の代替商品としての性格を持っており、白金価格があまりに割高になると、例えば、自動車触媒に用いる白金の使用量を減らし、パラジウムの割合を増やすといったことが行われます。その場合は、パラジウム価格の上昇要因となりますが、逆にパラジウムが高くなりすぎると、白金に回帰するという傾向が見られれます。
    (以上、需給統計に関する数値は、ジョンソン・マッセイ社発行「Platinum2013」またはトムソン・ロイターGFMS社発行の「Platinum & Palladium Survey 2013」によります。)

PAGE TOP

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ )。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?