HOME > 金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?

特別対談 金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?

金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?

金(Gold)という言葉から何を想像しますか?
高額なジュエリー、金の延べ棒、金貨を浮かべる方が多いのではないでしょうか。「高くて買えない」というイメージを持つ人も少なくないようです。しかし一方で、金(Gold)に注目する人が増えているのです。

金の魅力やETFの活用について、金の第一人者である豊島逸夫氏と三菱UFJ信託銀行の賀門友紀と、楽天証券の新井党氏が対談を行いました。

対談1 金投資は分散投資に不可欠!価値がゼロになることはありません。

賀門
アベノミクスや海外市場の好調を受けて、株式相場が好調になってきましたね。
リーマンショック以前の水準に戻しつつあり、あらためて投資先を考える時期になったのではないでしょうか。
豊島氏
そうですね。
アベノミクスもいよいよ正念場。成功すればメデタシ。でも日中関係などリスクに対する備えも必要でしょう。
新井氏
そういう点では、「金(Gold)」を保有するのは有効ですね。
豊島氏
円建ての金の価格は、今後、上下波動きを繰り返しながら2020年頃には、現在の価格の1.5倍程度の水準に値上がりしていてもおかしくないと考えています。
新井氏
確かに、現在、中国やインドが積極的に金を購入しているようですね。これは値上がりの材料と捉えてよいのでしょうか。
豊島氏
そうです。希少価値の高い金を中国やインドの人たちが購入しています。なぜ購入しているのかというと1つには、資産の目減りに対するリスクを回避するためといえます。中国はすでに物価も不動産価格も値上がりし、今後、どうやって資産を形成していくか悩ましいところです。また、銀行に貯金してもあまり魅力がないという状況です。さまざまな不安心理が金(Gold)への投資を促しているのです。中国は国としても金に投資しています。中国の金の保有残高を見れば一目瞭然ですね。

中国の金の保有残高

(出所)World Gold Council調べ

賀門
金といえば、コモディティのひとつですが、なぜコモディティの中でも金が世界中で支持されているのでしょうか。
新井氏
たとえば原油は、最近「シェール」という新資源が登場し、代替エネルギーとして使用される可能性が高まってきました。替わりが存在するわけですよね。
豊島氏
「金」は「金」しかない価値があり、代替物はありません。
新井氏
「金は有事に強い」と言われていますね。

豊島氏
紛争や経済危機など、金融市場を揺るがす出来事が発生した場合でも金価格は逆相関に動く傾向があるので、価値の保全能力があるのです。保有株が下がって、冷や汗をかいたという経験を持つ投資家もいらっしゃるかと思いますが、株価が下がる一方で金価格が上昇し、助けてくれるというわけです。
賀門
株式を持ちつつ、金も保有することが重要なのですね。
豊島氏
もちろんです。私は、長い年月を金のビジネスに捧げてきましたが、「金(Gold)のみを保有しなさい」と言ったことは一度も言ったことはありません。
金(Gold)は分散投資の一角です。
芝居でいうとね、主役(株式)を引き立たせ、時々その存在感を見せる「名脇役」ですよ(笑)。
賀門
なるほど、名脇役ですね!

金価格推移(2000年1月~)

(出所)World Gold Council調べ
・過去の運用実績は将来を保証するものではありません。
・東京商品取引所の帳入値段(期先限月)を元に三菱UFJ信託銀行作成

豊島氏
金(Gold)は価値がゼロにならないことが第一の魅力です。
2001年9月11日、ニューヨークのワールドトレードセンターに航空機が衝突するという最悪の事態が発生しました。多くの人と物が犠牲になりました。その場所にあったものがすべてゼロになったかに思われました。
しかし、ワールドトレードセンターの地下に保管されていた金8トンは全く価値を失うことがなかったのです。多少、へこんだようですがね。
だから、資産の一部に、金を組み込んでおくと良いですよ。

対談2 「金の果実」シリーズが選ばれている理由

賀門
「金の果実」シリーズは、2010年の上場以来、多くの投資家にご好評をいただいています。手軽に金に投資できるという点が評価されているようです。
豊島氏
ETFは取引所で売買されているので、透明性と流動性が高い商品です。
それに、「売り」と「買い」の「スプレッド」がなく、取引所で「1つの値段」で売買されることもわかりやすいですね。

金の果実 売買代金シェア

基準日:2014年4月末日
(出所)東京証券取引所、名古屋証券取引所のホームページをもとに 三菱UFJ信託銀行が作成
売買代金シェアは2014年4月末日時点で69.1%

投資家(受益者)数の推移

基準日:2014年1月20日
(出所)東京証券取引所、名古屋証券取引所のホームページをもとに 三菱UFJ信託銀行が作成
投資家(受益者)数は、2013年1月から2014年1月の1年間で55%増加

新井氏
株式と同じように、取引ができる点は便利です。楽天証券なら、店頭に出向くことなく、どこでも、ネットで売買できます。
豊島氏
株式も、金も証券会社の同じ口座で取引できることがETFのメリットです。資産管理が楽です。また、ETFの裏付けとなる金の現物が国内で保管されているため、安心感がありますよね。
賀門
さらに、「金の果実」は、少額から購入可能ですよ。1口単位で取引ができ、4,020円(2014/6/2現在)です。女子会1回分、男性なら飲み会1回分の金額で投資できます。しかも、今話題のNISA(少額投資非課税制度)の対象でもあります。
新井氏
ドルコスト平均法を利用して毎月少額ずつ投資することをお客様に提案したいですね。
賀門
これを機に、多くの投資家に「金の果実」シリーズの魅力を知ってもらえたら幸いです。

金の果実の特徴

ご注意下さい

  1. ①当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では本商品のお取り扱いはしておりません。
    本商品は株式市場に上場された商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)に口座を開設になり、お申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみで行っておりますのでご注意下さい。
  2. ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、貴金属現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への移管が必要となります。
  3. ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  4. ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  5. ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。その他、詳しくは「転換(交換)について」をご参照下さい。
  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ )。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?