HOME > 池水雄一の貴金属講座 > 2018年 > 「プラチナ急落の背景と今後の見通し」

豊島逸夫による金市場の解説

2018年07月11日
「プラチナ急落の背景と今後の見通し」

「プラチナ急落の背景と今後の見通し」

 

プラチナのまさに「セリングクライマックス」と言える一日が73日でした。

 

(ドル建てプラチナ1年)

 

2018071101.png

 

プラチナの下げが止まらずとうとう900ドルを6月半ばに割り込みました。

そこからもじわじわと下げ続け、まさに7月第一週に入り850ドルを割り込み、73日にはアジア時間に800ドルをも割り込む急落をみせました。

そしてそれに続く欧州時間帯に、なんと何もなかったように850ドルまで戻し、まさにこの一連の売りが「セリングクライマックス」でありました。

この73日の大きな動きは、プラチナマーケットのダイナミクスを考える上でとても参考になります。

そしてそれを理解する上ではドル建てのプラチナよりも円建てのプラチナで相場を追ったほうが適切です。

 

 

(円建てプラチナ:1年)

 

2018071102.png

  

(円建てプラチナ:10日間)

 

2018071103.png

 

円建てプラチナは3,000円まで下落して7月第一週を迎えました。

そしてこの3,000円という水準がそれまで、東京商品取引所(Tocom)でプラチナの先物ロングを維持してきた投資家の損切りラインであったようです。

まさにこの3,000円を割ったとたんに大きく下げているのが上記のチャートでよくわかりますが、ここで大量の売りがTocomから出てきました。

明らかにTocomの投資家ロングの損切り売りが発動されたのです。

その日の取引高は過去3年でも群を抜いて大きなものとなりました。

(↓のチャートの出来高が突出しているのが73日です。

そしてその日に取組高が大きく減っています。投資家ロングを売って手仕舞いをしたからです。)

 

 

Tocom Pt 出来高(下段)、取組高、価格)

 

2018071104.png

 

この日Tocomの投資家が売りだしたプラチナの総量は約3.5トン。

円建てプラチナは3,000円から2,840円近辺まで大暴落、そしてこのTocom の売りは、裁定取引をしているトレーダーによりTocom買い/Nymex売りという裁定取引につながり、世界のマーケットに波及していきます。

ドル建てのプラチナは850ドルから一瞬800ドルを割り込み798ドルまで下落したのでした。

円建ての2,900円割れは20091月以来、そしてドル建ての800ドル割れは200810月、リーマンショックの急落以来のレベルとなりました。

そしてこの損切り売りが一巡すると、もちろん、それ以上このレベルで売りは消滅、すぐにマーケットは急騰し、その日のうちに円建てで3,000円、ドル建てでも840ドルまで戻しました。

まさに「人の損切りは買ってやれ」というそういうマーケットでした。

これが73日のプラチナ急落の背景です。

海外の相場解説では、この日のプラチナの急落の背景を的確に理解しているものは皆無でした。

米中の貿易戦争のせいにしているものが多かったですが、それではこの日のこの急落と急騰は説明できません。

73日のセリングクライマックスは、東京商品取引所の投資家の損切り売りによってのみ起こったという特殊な市場内部要因であったのです。

 

 

プラチナのファンダメンタルズは確かによくありません。

 

  その最大の需要であるディーゼルエンジン車の主戦場欧州での不振。

  二番目の需要である宝飾分野の不調、特に最大の需要国である中国でのプラチナ宝飾の伸び悩み。

  米国の金利上昇による投資家の新興国離れからの南アランド安。

  ドル高によるゴールドの下落

 

しかし、強材料となりえるの点もいくつかあります。

 

  プラチナの世界の生産コストは約900ドルであり、現在の800ドル台はそれを大きく下回っている。

  NymexNew York Mercantile ExchangeTocomと並ぶプラチナの先物市場)の投資家ポジションが18年ぶりのネットショートに。投資家が売り越しに回ることは非常に珍しいことであり、これは内部要因的には非常に大きな強気材料。↓のチャートの下段はNymexの投資家ポジションですが、過去5年でもこれがマイナスになった例はありません。投資家がこれだけ弱気に傾いているのはほぼ前代未聞であり、逆にこれは大きな買いのエネルギー(ロングが潜在的に売り圧力となるのと逆です。)をマーケットが秘めているということになります。

 

 

Nymex投資家ポジションとプラチナ価格)

 

2018071105.png

 

 

 

「結論」

  Tocomのロングポジションの整理は行われた。振り返るとそこは絶対的な買い場であった。

  プラチナのファンダメンタルズはよくない。すぐに上昇基調になるとは考えづらい。

  しかし、マーケットは明らかに売られすぎであり、この市場要因での戻しの可能性は十分にある。

  900ドルという生産コストを割り込んだプラチナは長期的保有を考えるのであれば魅力的なレベルである。 

 

 以上

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?