HOME > 池水雄一の貴金属講座 > 2018年 > 「パラジウムの現状:2018年2月」

豊島逸夫による金市場の解説

2018年02月28日
「パラジウムの現状:2018年2月」

「パラジウムの現状:20182月」

 

 パラジウムが再び上昇のトレンドに入ってきたようです。

1月半ばに1,140ドルという高値をつけてから、28日に960ドルという安値をつけほぼ一ヶ月で180ドルもの下げを記録しました。

この下げの直接的な要因は積み上がったNymexでの投資家ロングの利食い売りでした。

この期間のNymexの投資家ロングは27,000ロット(約42トン)から15,150ロット(1lot =50 onz、約24トン)まで、約18トンという量のパラジウムが売られたことになります。

そしてその結果、パラジウムのロングは大幅に減少、投資家ロングポジションとしてはほぼ一年かけて増えた分がわずか一ヶ月で売られてしまったことになります。

しかしこれによってパラジウムの唯一の売り材料であったNymex投資家の巨大なロングの大きな部分が解消されたわけで、まさにパラジウムの相場にとってはいい灰汁抜きになったと考えられます。

その結果、底値であった960ドルから10日もかからずにパラジウムは1,050ドルまで大きく戻し、一時は4ヶ月ぶりにプラチナを下回るところまで下がったパラジウムも、早くも50ドル近くのプレミアム(パラジウムの方がプラチナよりも高い状態)に戻り、供給不足という本来のファンダメンタルズ相場に戻っています。

 

 

(ドル建てパラジウム価格とNymexの投資家ロングポジション)

 

2018022801.png

 

(プラチナ・パラジウム比価)

 

2018022802.png

 

「供給不足」

 

今月発表されたジョンソン・マッセイ社のPGMレポートによるとパラジウムは大きな供給不足が続きます。

2017年の見通しは19.6トンの供給不足が予想されています。(↓の表)

少なくとも過去6年間に渡り、パラジウムは供給不足が続いており、現物不足が深刻化しています。

それを端的に示すのが、メタルの金利であるリースレートです。

つまりメタルを借りるときの金利ですが、たとえば1年のリースレート、ゴールドは0.15%、シルバーは0.1%、プラチナは0.55%、と軒並み超低金利なのですが、パラジウムは現状でも5%近いレートです。

この供給不足状態は近い将来には解決されそうにありません。

鉱山生産は基本的に毎年ほぼ変わらず。リサイクルからの供給は増加していますが、それよりも自動車触媒での需要の伸びのほうが大きく、今後リサイクルからの供給が爆発的に増加して供給が増えるか、ガソリン車が一挙に売れなくなるとかいった予想外の出来事がない限り、パラジウムの供給不足はより深刻さの度合いを増す一方だと思います。

 

 

Johnson Matthey PGM市場レポート20182月より)

 

2018022803.png

 

 

「プラチナによるパラジウム代替はあるのか?」

 

こうなってくるのと誰もが考えるのがプラチナによるパラジウムの代替は起きないのかという疑問。PGMの最大の需要分野である自動車触媒。

そもそも触媒としての性能はプラチナの方が圧倒的に上位にあります。

プラチナが主にディーゼルエンジンに使われるのは、ディーゼルにはプラチナの性能が必要であり、パラジウムでは役不足であったからです。

しかしガソリンエンジンはパラジウムでも十分に事足りたのです。

そしてパラジウムとプラチナの価格は一時プラチナがパラジウムの5倍まで高かった時期があったほど常にプラチナが高い状態でした。

過去30年の間に現在のようにプラチナとパラジウムの価格が逆転したのは、ほんの一度だけ。

ロシアのパラジウム禁輸によりパラジウムの供給が途絶えた時以外にはありません。

そのため自動車会社は使えるのであれば、コスト的に圧倒的に安いパラジウムを触媒として使用してきたのです。

その大前提が今大きく崩れているわけです。

もし可能であれば、もちろん安くて性能もよりよいプラチナを触媒として使うという選択肢は多いに「あり」です。

しかしながら、現在はパラジウムの使用を前提としてガソリン車の触媒の製造ラインはできており、プラチナが安くなったからと言って、すぐにパラジウムをやめてプラチナに乗り換えるというわけにはいかないのです。

また、この逆転がいつまで続くのか、また元に戻るとしたら、どうなるのか、といろいろと問題があります。

のため触媒製造現場としては、そうそう簡単に代替なんてことはできないのです。

代替となるためには、価格の逆転幅が相当大きく、そしてそれが少なくとも5~10年は続くという見通しが必要だと思われます。

近いうちにプラチナがパラジウムの代替に使われるということは、こと自動車触媒においてはまずないと考えていいでしょう。

 

となるとやはりパラジウムはまだまだ強そうです。

 

 

(プラチナ・パラジウム比価:30年)

 

2018022804.png

 

以上

 

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?