HOME > 豊島逸夫による金市場の解説 > 2019年 > 米国債が格下げされる日

豊島逸夫による金市場の解説

2019年01月11日
米国債が格下げされる日

トランプ大統領「私のメキシコ国境壁建設予算に合意するか?」

民主党ペロシ下院議長「NO

これ以上話すことはない、とトランプ大統領は席を立った。

今日の会談はそれだけだ、と民主党上院トップのシューマー院内総務は憤然と記者団に語った。

すかさずトランプ氏はツイート。

「ナンシーとチャック(シューマー氏)とのミーティングを終えたところだ。時間の無駄。ナンシーはNO、私はバイバイ、それだけだ」

今回の政府機関一部閉鎖期間も9日で19日目。クリントン時代の過去最長21日間に迫る。しかも、全くまともな話にならない。これまでは「またか」とタカをくくっていた市場も、そろそろ苛立ち始めた。格付け会社フィッチも、9日、このままでは米国債トリプルA格付けにも関わると警告を発した。但し、「もし予算案が議会を通過できず、債務上限引き上げが難航すれば」との条件つきだ。

市場の懸念も、政府閉鎖の延長戦上に必至の債務上限引き上げ問題だ。財政政策が機能不全に陥れば、米国経済減速が顕在化した場合のカンフル剤投入が覚束ない。株式市場が危惧するシナリオだ。既に、19年会計年度の財政赤字は1兆ドルを超える可能性が強い。リーマンショック以来の事態で、しかも、好況期に税収が増えても財政収支がこれほど悪化することは異例だ。外国債券為替市場では、基軸通貨ドルの信認が問われる事態になる。ここぞとばかりに米国債最大保有国中国が米国債売却を加速させるかもしれない。そしてドルの代替通貨としての金が買われる。

財政政策が機能不全になれば、結局、金融政策への依存度が高まる。その司令塔FOMCの12月議事録が発表されたが、利上げに対する慎重な姿勢が改めて確認された。同時に、FRBも今後の米国経済見通しは読めず、「データ次第」という、「でたとこ勝負」的なスタンスで対応せざるを得ない実情がヒシヒシと伝わる内容であった。米中貿易戦争、逆イールドなど視界不良の中では、もはや、金融政策の方向性を明示する「フォワード・ガイダンス」などは出来る状況にない、との意見も記されている。

FRB資産圧縮も議論されているが、あくまで金利が金融政策主要ツールで、資産圧縮は「二次的」と位置づけられる。しかし、過剰流動性依存症が顕著な市場は、FRBのまばらまいたマネーの回収には殊の外神経質だ。

しかも、今年から全てのFOMC後に記者会見を行うことになり、市場では、「出たとこ勝負」を昨年の倍、見守らねばならない。積極財政・金融引き締めのポリシーミックス(政策の組み合わせ)が、金融政策だけの片肺飛行となり、その唯一のエンジンにも不具合が生じている。

しかもネジレ議会では、迅速な政策対応を望むべくもない。

経済政策面で今年のビックリシナリオは、金融政策の「利下げ」と財政政策機能不全による米国債格下げであろう。いずれも金1400ドル突破シナリオだ。

小康状態にある市場のボラティリティー異変も、トランプ・ツイートひとつで、即再燃となりかねない。

未だ健在で新著を書き上げるほどのグリーンスパン元FRB議長も、ご意見番として再三メディアで警告を発している。クリスマス市場異変の前には「逃げろ」と語り、今週は、「金融政策より財政政策のリスクを注視しべし」と述べている。

イエレン前FRB議長は「民間企業債務膨張がリスク」と指摘する。

FRB議長パウエル氏は、市場のきつい洗礼を受け、前言を覆し「利上げ急がず」の方針をやっと固めたところだ。

金市場がざわついている。

 

写真は、虎屋の季節の生菓子。ゆず。食べるのがもったいないくらいホンモノみたいに仕上がってる。

DSC_0307.JPG

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?