HOME > 豊島逸夫による金市場の解説 > 2018年 > テスラ名物社長の「株式非公開宣言」

豊島逸夫による金市場の解説

2018年08月09日
テスラ名物社長の「株式非公開宣言」

テスラ社といえば電気自動車メーカー。イーロン・マスクCEOといえば、良くも悪くも話題になる名物社長。ツイッタ―のフォロワーは2200万人に及ぶ。本業のみならず、人類火星移住計画や宇宙ロケット再利用計画などをぶち上げる。

電気自動車開発など次世代産業開発には、長期的視点・戦略が必要。四半期ごとの決算発表、そのたびにアナリスト・ミーティングで重箱の隅を突っつくような質問を受けることに我慢ならない、という自説。この際、株式上場・公開を止めて、非上場企業になれば、本業に専心できる、と考えた。そして、いきなりツイッタ―で株式非公開計画を明らかにしたのだ。

素通りされたメディアや虚を突かれたアナリストたちは一斉に反発。そのような大事なことを、ツイッタ―で呟くとはけしからん、というわけ。

そもそも財務データを公開して、市場に信頼されなければ、今後の資金調達にも支障をきたす。電気自動車本格開発には膨大な資金が必要だ。

更に、株式を非公開にするためには、大量の流通株を買い取らねばならない。その資金の出し手としてマスク氏が狙うのは巨大政府系ファンド。ノルウエ―、中国、アブダビ、クエート、サウジアラビアなどの国家ファンドの名前が候補として挙がっている。

この非公開計画に、米国市場参加者の間でも、賛否両論渦巻く。

同族企業のごとき形態になると、社長の独断が幅を利かす。内部のチェック体制も甘くなる。

果たして、テスラ社は、マスク氏のものか、株主のものか。

筆者は、かねてから、四半期決算にこだわりすぎの弊害を感じているほうなので、マスク氏のやりたいように、やらせてやれ、と思う派。人類の夢の計画など、そもそも3か月ごとに結果が出るはずもない。

でも、メディアにしてみれば、名物社長が、3か月に一度、アナリストとやりあうのは恰好のネタになる。

実は、金鉱山会社も、短期に結果が出る企業ではない。ヤマを掘って、金が出るか出ないか、まさに「山師」の世界だ。うまく掘り当ててれば、その鉱脈で社員たちが数十年食ってゆけるような「鉱山寿命」戦略を練らなければならない。夢もあればリスクもある。

この問題、俄かに解決策が見つかるとは思わない。結局、どちらかに賭けることになろう。

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?