HOME > 豊島逸夫による金市場の解説 > 2017年 > 「北朝鮮の次はイラン」新たな地政学的要因

豊島逸夫による金市場の解説

2017年04月20日
「北朝鮮の次はイラン」新たな地政学的要因

トランプ政権がイラン批判を強めている。

選挙運動期間中から、イラン核合意を「最悪の交渉取引」と語っていたが、19日(日本時間早朝)にはティラーソン国務長官が、イランについての記者会見で、更に強い口調で「イランの核への野望は国際的安全平和に重大なリスク。

イランは北朝鮮と同じ道を辿り、世界を引きずり込む」と警告を発した。

 

 

「イラン核合意は、イラン非核化の目的を達せず、核国家になるときを遅めただけ」とも語り、イラン核合意に懐疑的な見方を明確に打ち出している。

シリア国内の過激派を支援して、テロの最大のスポンサーとの非難も変わらない。

ホルムズ海峡での米軍兵拘束事件もあらためて持ち出している。

この記者会見に先立ち、書面でも「イランへの経済制裁解除が米国の国益に適うのか再検証」とトランプ政権としての対イラン政策方針の方向性を明らかにしていた。

 

 

イラン側は、かねてから、トランプ大統領の敵対姿勢に反発している。

穏健派とされるロウハーニー大統領でさえ、選挙を控えることもあり、国内向けにも対米強硬姿勢を見せている。

トランプ大統領の親イスラエル姿勢に対し、国家軍事記念日パレードでは、「イスラエルに死を」とのバナーつきミサイルまで誇示した。

かりに、核合意が廃棄するようなことになれば、イランに対抗してサウジの核武装化の可能性が生じる。

イスラエルは、前例はあるが、イラン国内の関連施設限定空爆を開始するかもしれない。

シリアと異なり、原油大生産国であり、ホルムズ海峡封鎖リスクも高まる。

 

 

原油価格は昨日、米国在庫急増により急落したが、その前にはリビアの主要油田が武装勢力により供給停止に追い込まれ、フォース・マジュール(予測や制御のできない外的事由全般を指す)が宣言されたことで、原油価格が急騰する局面もあった。

やはり地政学的リスクには敏感である。

 

 

内向きアメリカ・ファーストを唱えるトランプ政権だが、「世界の警察」としてシリア、北朝鮮に続きイランも敵に回すような動きに出る可能性が無視できない状況だ。

そもそも、新政権誕生まもなく内部人事も大幅に遅れているのに、中東とアジアの二面作戦に臨むことにはおのずと限界がある。

 

 

かくして、日替わりメニューの如く様々な地政学的リスクが入れ替わり顕在化している。

市場には、ややリスクに麻痺したかのような反応も目につく。

あれだけフランス大統領選挙リスクを囃し、急騰していた金価格も、いよいよ第一回投票を週末に控えるというタイミングで10ドルほど急落した。

有事の円買いも、有事の金買いも、結局、プレーヤーは短期投機筋のヘッジファンドなので、一過性の現象なのだ。

事態に劇的な進展なければ、焦れて、売り手仕舞いを急ぐことになる。

但し、地政学的リスクが多用化して、その一過性の乱高下が繰り返されることが今年の特徴ともいえよう。

 

 

さて、こんなことも含めて、今晩、夜10時半頃から日経プラス10にスタジオ出演。

世界経済リスク総点検。

続いて夜11時テレビ東京ワールドビジネスサテライト(BSジャパンは夜12時から)では、有事の金、いつまで続くとのテーマでビデオ出演。

 

201704201.jpg

 

 

それから、今朝の日経朝刊商品面には、金プラチナ値差が300ドルを超えたとの記事。

 

201704203.jpg

 

 

私のコメントは、補足すると、金が有事で買われたが、産業用素材のプラチナは有事で買われない。商品と通貨の二面性を持つ金と、純粋なコモディティ(商品)であるプラチナの違いだ、との意味合いだ。

 

201704202.jpg

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?