HOME > 豊島逸夫による金市場の解説 > 2014年 > 円安ドル高の死角

豊島逸夫による金市場の解説

2014年09月03日
円安ドル高の死角

円安ピッチが加速中だ。

ドルは買われやすく、円とユーロはともに売られやすい地合いだ。

量的緩和終了直前のドルが買われ、量的緩和真っ只中の円と、量的緩和考慮中のユーロが売られ、総合的なドルインデックスがここにきて急騰している。

NY市場では、9月のFOMCではイエレン議長が、これまでより強いトーンで利上げを示唆するのではないか、との観測が強まっている。

具体的には、量的緩和終了から利上げ開始時期まで「かなりの長期間」という表現がFOMC声明文から抜ける。

あるいは、労働力の「たるみ」の度合いを示す形容詞・副詞が、かなり弱まる表現となる、などが考えられる変化だ。

更に、4日のECB(欧州中央銀行)理事会でのドラギ総裁も注目される。

物価上昇率が異常に低く、日本型デフレ・リスクが顕在化している欧州経済への対処療法として、

「財政政策も更に柔軟に運営するならば、金融政策も、もっとやる用意がある」

とジャクソンホールでは語った。

これまで均衡財政を唱えていたECBの「転換」であり、ドラギ総裁の欧州経済への危機意識を映す変化として注目された。そのうえで、今回のECB理事会後の記者会見で、「バズーカ砲」と呼ばれる本格的量的緩和に言及するのか、

あるいは、「ドラギ・マジック」といわれるリップサービス(口先介入)を続けるのか。

ジャクソンホール以来、マーケットではドラギ氏がイエレン氏から主役の座を奪ったかの如き印象が強い。

そして、日銀に関しては、停滞の兆しが垣間見える日本経済に対して、金融政策決定会合で追加緩和措置が考慮されるのか。

特に、海外勢には、消費増税後の落ち込みを懸念して、当局の政策対応を期待する見方が増えている。

この中央銀行主導の外為市場を日米欧のマラソンにたとえれば、米ドルが先行。かなりの差で二位の座を円とユーロが競っている。

先週は、ユーロ売りが顕著であったが、米国レーバーデー三連休明けの市場では円売りの勢いが優った。

筆者流の外為不等式では、足元でドル>ユーロ>円となっている。

 

しかし、ユーロと円は抜きつ抜かれつの様相だ。

このドル高、ユーロ・円安のモメンタム(勢い)に死角はないのか。

そこで想起されるのが、2013年9月16,17日に開催されたFOMCでの「ちゃぶ台返し」だ。

当時のバーナンキFRB議長が、量的緩和縮小へ言及確実と見られていたが、蓋をあけてみれば、テーパリングは見送り。

意表を突かれたファンド筋はストップロス円買い戻しに走り、円相場は99円台から一気に97円台にまで急落した。

市場関係者の大半が同方向を向くと、相場は逆に動きやすい。

当時、筆者は現地でのディーラーたちと会話から、その可能性を感じ、2日間の会議の初日が終わったところで「FOMC初日、緩和縮小延期の可能性浮上」との原稿を本欄に送った(日本時間9月18日づけ)。

そして一年後。

今年も9月16,17日に開催されるFOMCを前に、外為市場では市場関係者の大半が円安・ドル高を見込む。

ただし、その主たる根拠は、昨年の量的緩和縮小から、今年は利上げにシフトしている。

そのなかで、今年も筆者はFOMCにかけてNYへ出張するが、なにやら既視感に似た思いを感じざるを得ない。

円安の方向性に異論はないが、そのピッチが速すぎることを懸念しているのだ。

もし、今回のFOMCで、イエレン氏が、やはり生粋のハト派ぶりを披露するようなトーンをにじませると、投機的円売り・ドル買いポジションは一気にひっくりかえされるリスクをはらむ。

前回のFOMC議事要旨では、タカ派の数はsome(数名)と事前予測より多目に表現され、イエレン氏のジャクソンホールでの講演にも、タカ派への配慮が垣間見えた。

超ハト派とされた同氏が、若干なりとも歩み寄りの姿勢をにじませたことで、結果的に、「ハト派」から「中立」へのシフトと解釈された。

その流れの中でのドル全面高ゆえ、FOMC声明文に冒頭にあげたような変化が見られなければ、市場にはいったんドル買い円売りポジションを手じまう動きが噴き出す可能性があるのだ。

ヘッジファンドの間には、昨年の記憶も生々しく残るので、ドル買いポジションだが、プット・オプションでヘッジも怠らぬ向きも見受けられる。

そして、5日には米雇用統計が発表され、今回のFOMCに重要な影響を与える可能性がある。

しかし、イエレン氏が重視する労働参加率、長期失業者、非自発的パートタイマー数などの「雇用の質」は構造的問題ゆえ、月々の振れが限定的だ。

バーナンキ時代に比し、労働市場での「たるみ」をいかに解釈するか、との議論のほうが重視される傾向がある。

そこで筆者が注目している存在が、大物FRB副議長の存在だ。ドラギの恩師でもあるフィッシャー氏のことだが、ジャクソンホール直前にはストックホルムで、米国経済に関し極めて厳しい見解を披歴し、ハト派スタンスを露わにした。

イエレン氏へのエールとさえ感じられたものだ。

なお、雇用統計のヘッドライン的な「非農業部門新規雇用者数」と「失業率」の振れは大きいが、市場の反応は一時的に留まるので、あまり振り回されないほうが賢明だろう。

そして、金価格は1260ドル台に急落。

ドル全面高に対して当然の反応。やっと下がってくれたか、という感じで、違和感はない。

下支え役のウクライナ・イラクの地政学的要因が陳腐化してきた。

連日、ウクライナだイラクだと騒いでいると、市場も慣れっこになってしまうのだ。

そろそろ、買いの値頃感もでてきた。特に円安進行で、円建て金価格に著変はないので。

さすがのパラジウムの上げも一服。900ドル越えたところで売られ、880ドル台まで下げた。

それでも高い水準ゆえ、これも、当然の調整局面といえる。

下がってくると、私のアドレナリンも徐々に湧いて出てくるね笑

 

201409025555.jpg

 

 

さて、昨晩の日経CNBCネット配信(ニコ動でも同時配信)番組での写真を添付します。

 

20140902193258.jpg

 

 

20140902193212.jpg

 

ご覧のように、「手作り感」いっぱいで笑いが絶えない楽しい番組でした。

今日の午後にも最初の15分だけ、YOU TUBEで公開されるとのこと。

私は例によって、事前打ち合わせ無視で、言いたい放題。

スッキリして帰宅しましたよ笑。

https://www.youtube.com/watch?v=xdwJbEcnv4w

 

安倍内閣改造で女性6名入閣と報道されているように、今や、働く女性の地位向上やワーママの問題はアベノミクスの目玉になった感さえあるので、「マーケットの裏表とウーマノミクス」というタイトルはタイムリーな設定でした。

副代表の治部れんげも、持論を熱く語っていました。

 

201409056666.jpg

 

生中継中は目の前に視聴者からの書き込みがリアルタイムで表示されるのでインタラティブに進行できるのが、この種の番組の醍醐味。

普通は、えげつない書き込みも多いのだけど、昨晩は非常に熱心で好意的な書き込みが多かったです。

 

昨日の午後には村井美樹さんとの雑誌対談もあり、めまぐるしかった。

これも撮影風景の写真を添付しますが、逆光でうまく撮れてません。

 

20140902333.jpg

 

事務所のある高層マンションの43階会議室からの光景は分かると思います。

村井さんは、「知的タレント」で売っているだけあって、頭の回転が速い。

特に昨日は貴金属ETFというなかなか普通の人には分かりにくい投資商品についての話でしたが、それでも話についてきてくれた対談もやりやすかったです。

いずれマネー誌「ザイ」の別冊として出るでしょう。

 

201409024444.jpg

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?