HOME > 豊島逸夫による金市場の解説 > 2014年 > 一足早く「出口」に反応する金価格

豊島逸夫による金市場の解説

2014年07月15日
一足早く「出口」に反応する金価格

金利がつかない「金」にとって、利上げトークは天敵である。

そもそも、リーマンショック後の金価格上昇トレンドも、ゼロ金利ゆえの現象であった。

そのゼロ金利の前提が揺らぎ、金価格は下落した。

あとは、利上げへの転換時期がいつか、が大きな価格変動要因となる。

イエレンFRB議長が就任後、強いハト派色をにじませると、「利上げまでの道遠し」との見方が拡がり、金は再度買われ、NY金先物市場での買い残高が急速に膨張した。

しかし、雇用統計の数字が予想外の好転を見せると、市場内には、「利上げ時期前倒しも」の見方も台頭してきた。

そして、15,16日とイエレンFRB議長の議会証言を控えた14日の市場で、金は急落したのだ。

1330ドル台から1300ドル台まで、2.5%という今年最大の下げ幅となった。

議会証言で、「ハト派」色が薄まるのでは、との懸念から、先物投機筋が一斉に手仕舞い売りに出たのだ。

見切り売りがストップロスの売りを呼ぶ連鎖現象であった。

更に、14日には、ニューヨーカー誌に、イエレン議長のインタビュー記事が掲載されたことも、さまざまな憶測を誘った。

FRB議長が、一般雑誌の会見に応じることは、極めて稀だ。

「ウォール・ストリートよりメイン・ストリート」即ち、FRBが上から目線で庶民への配慮が感じられないとの批判をかわす狙いとの深読み説も流れた。

同議長が、4月、就任後初の講演場所に、シカゴでの「地域集会」的な場を選んだときにも、同様の観測が語られた。

とはいえ、インタビューでの発言内容に特段のサプライズはなかった。

しかし、ただでさえ神経質になっている金市場には、「利上げ時期を早める兆しか」との解釈も流れたのである。

一般的に、金市場は先読みで動く傾向がある。

株式・債券市場や外為市場に比し、市場規模が小さいので、先行指標として注目される場合も多い。

14日の金急落も、FRB内でのタカ派台頭の匂いを感じとり、先んじて新規売りを仕掛けたトレーダーの動きの可能性がある。

特に、バーナンキ氏やドラギ氏の「恩師」という大物FRB副議長フィッシャー氏の意向がまだ読み切れていないことも不安定要因だ。

なお、「ポルトガル不安後退、中東地政学的要因陳腐化」による「逃避マネー退出」も無視できない材料である。

いずれにしても、量的緩和が10月には終了して、利上げ開始カウントダウンに入ったことは確かだ。

その執行猶予期間が予想より短くなる観測に切迫感が出てきたことを金急落が示唆している。

それでも、イエレンFRB議長が議会証言で、足元でのインフレ率上昇現象を「ノイズ=雑音」と一蹴するのか。

量的緩和に発する過剰流動性への依存症の症状を呈する世界の市場には、金市場の先読みが「フライング」に終わることを密かに願う投資家の本音が透けて見える。

なお、筆者の金価格見通しの「短期弱気、長期強気」は変わっていない。

(もう語るのが飽きたほど笑)。

念のため、繰り返すと、今年後半に利上げトークが強まり、金は売られる。

(7月に入り、早くもその兆しが見え始めたことになる。)

そこに中国・インドの買いが待ってましたとばかりに入る。

1100ドル台まで下がる可能性があるが、超高頻度取引の時代には、個人が最安値を拾うことは至難の業。

かくいう私も1250ドルになったら(ドル円は動意薄ゆえ)また買い増す、と言い続けているわけだ。

なお、プラチナ・パラジウムも連れ安となった。

しかし、2014年限定で金よりプラチナが面白い、との見方も変わらない。

プラチナは昨年から上値1700ドルと言い続けているけど、欧米の投資銀行の見通しも、最近になって、1700ドル程度に収斂してきた感じ。

さて、利上げ時期も、そしていよいよ夏休みも近し!

例年、福島の高原のゴルフ場でゴルフ合宿やるのだけど、今年の夏休み期間中は、薄商いで値が飛びそうな雰囲気も漂い、うっかりできない。

良き後輩の亀井幸一郎も参加予定なのだが、二人とも一番気になるのが、ネット環境。高原になると不安定なのだよね。

特に、重いファイルなどは開けるのに時間かかるし、昼間はネット回線が混み合う。

今年は裏磐梯のボナリ高原ゴルフ場に場所を移すので、一度、下見に行かねば。。。

このゴルフコースは日経の土曜版プラスワンのゴルフコース人気ランキングで東日本1位になったところ。磐梯山と安達太良山の火口に囲まれた雄大な絶景。

冬はスキー場になるくらいだから、山の天気はマーケット同様、刻々と変化するし、天気予報も当たらない^^

真夏でもセーター持参。

近くの沼尻温泉とか中ノ沢温泉が、これまた抜群の泉質。

連日運動して、温泉につかる生活やってると、社会復帰できなくなりそう笑

以前、日経朝刊の「交遊抄」に出たとき(一回目のとき)、「地獄の特訓」という見出しで、私が主宰する体育会系ゴルフ合宿のことを書いたのだけど(プレーは速く、「お願いします!」と挨拶して、クラブ持って走る、仕事の話などしたら即ツーぺナ、プレー中のアルコールなどもってのほか、短いパット外すようでは14番の被雷小屋で写経、などなど)リーマンショック以来、なぜか温泉系のエンジョイ・ゴルフ系になった。笑

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?