HOME > 豊島逸夫による金市場の解説 > 2013年 > 米政府機関閉鎖決定後、金だけ急落

豊島逸夫による金市場の解説

2013年10月02日
米政府機関閉鎖決定後、金だけ急落

米国政府機関一時閉鎖後、唯一大きく動いた市場が金だ。

ニューヨーク時間に入ってから、40ドル以上急落して、1280ドル台まで下落した。

米金融政策も財政問題も読めず、4日発表予定の雇用統計も延期となると、ファンドも暗中模索の中で、買いポジションはとりあえず手仕舞うという動きである。

短期弱気、長期強気のスタンスは不変。

中国がゴールデンウイークなので、いつもの下支えは期待できず。

1100ドル台までの一時的下げもありうるが、長期的に1200ドル台が底値圏という見方には変わりなし。毎月コツコツ買っているが、もう一段下げたらスポットでも買い始めたい。

今年5月と9月の二回にわたってウォール街で会った機関投資家たちも、「10.1アベ・スピーチ」には並々ならぬ関心を寄せてきた。

蓋を開けてみれば、具体性に欠ける、との落胆の声も目立つが、10月1日にはアベノミクスに関する限り追い風が吹いたこともたしかだ。

それが、米政府機関一部閉鎖決定。

この問題は、大統領の求心力が低下し、議会はねじれ状態が続く米国の「決められない」実態を浮き彫りにした。更に、本丸の債務上限引き上げ問題も「決められない」まま、危険な瀬戸際政策の綱渡りが危惧される。

対して、同日に安倍首相が、米国でも政治的鬼門とされる「増税」を敢えて決断したことは、相対的に日本の「安定性」を印象づけた。

ニューヨーク発のメールからは、日本株に関して、プロ・コン(賛否両論)併記なれど、欧米・新興国株式に比べれば、ポジティブなシナリオが描ける、という本音が伝わってくる。

運用の世界は、相対評価が支配する。

「少子高齢化の国なれど、3年のタームで見れば、日本株のほうがベター」とのコメントが象徴的であった。

特に、リアル・マネーといわれる欧米年金基金内部では日本株に関する稟議書(プロポーザル)が「内部的共感を得やすい」市場環境だ。

ヘッジファンドも、新興国から逃げ出して、米国株に「里帰り」したが、財政問題で「実家が火事になった」ので、新たな運用先を模索中だ。決定打はないので運用も多様化している。

この原稿を執筆している間にも、日本時間朝9時の日本株寄り付きをフォローするために、米国東部時間夜8時まで相場モニター場画面を見続けるニューヨークの市場関係者からのメールが舞い込んだ。

一時はジャパン・パッシング(素通り)と揶揄されたものだが、今や、アベノミクスという和製英語がすっかり定着した感がある。

なお、外為市場では、「安定通貨」としての円が買われやすい環境になったので、これは要注意である。

 

さて、私の事務所は勝どきエリアにあるのだけど、オリンピックで急速に盛り上がってきた。環状二号線も開通とか、32階から見る風景の中にもオリンピック競技場予定地が並ぶ。

今朝、広告みたら、このエリアに、更に53階のマンション新築だって。供給過剰のような気もするけど、オリンピック特需でも期待しているのかな。。

なお、この勝どきエリアは、コモディティー関係の組織が集約している。隣のビルには日本エネルギー研究所(通称エネ研)という経産省の外郭団体(かな?)の原油・エネルギー調査機関があり、近所にはコモディティー・トレーディングを得意とする住友商事の本社(トリトン・スクエア)もある。勝どきをコモディティーの街に、という声も出るほど。

事務所開設して3年目に入るけど、長居しそうな予感。スイーツ系の店が少ないのが難だけどね~最近は、六本木ミッド・タウンより、三越前エリアの新設商業施設群が、お気に入り。新築ビル内の店は気持ちいい。三越新館地下のフォートナム・メイソンもロンドンの紅茶などの老舗だけど、ダージリンのグリーン・ティーが旨い。午後遅い時間は、ロンドン流のハイ・ティーのセットもいい。スコーン・サンドイッチなどつまみながら、油売るひと時。笑

  • ●本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • ●「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏打ちとした個別の商品です。
  • ●本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2014年4月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • ●本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • ●本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • ●本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • ●当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • ●本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

【ご注意下さい】

  • ①当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  • ②小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  • ③貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  • ④転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • ⑤転換(交換)には手数料が必要となります。詳しくは、「転換(交換)について」をご参照下さい。

【その他ご留意事項】

  • ●本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • ●本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • ●本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • ●金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • ●本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • ●本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • ●本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • ●本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • ●本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。
  • 手数料およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会


JDR(日本型預託証券)
金ETFの魅力を語る。「金の果実」を保有するメリットは?